違いを知ることが今を生きる私たちには求められているのかも知れません。
本物と偽物の違い、自分が必要としているサービスの違い、商品の品質の違いなど様々な違いを見極めて取捨選択する必要があります。
昔ならばそれほどバリエーションといいますか、選択肢が豊富ではありませんでした。
技術革新や消費者志向が高まった現代社会では、数多くの選択肢が私たちの目の前に提示されるようになり非常に豊かな生活を送ることが出来ます。
しかし一体どれを選択すれば本当に豊かな生活を送ることが出来るのか、今ひとつわからないまま生活してらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ウォーターサーバーに違いはあるの?

近年急速に個人家庭での普及が進んでいるウォーターサーバー。
「何となくいいから契約しよう」と考えると、後々大きな失敗につながります。
せっかくおいしいお水を飲もうと思ってウォーターサーバーを契約したにもかかわらず、自分が望んでいる物ではなかった。
契約している会社よりもほかの会社で契約すればもっと安くなったはずなのに、などと後悔する原因になるからです。

ウォーターサーバー

契約をしたいけれどどの会社も同じに見える

後悔をしないためには会社をあらかじめ吟味して選ぶことが大切です。
とはいっても「どの会社も水を売っているのだから、大して差が無い」と思われるかも知れません。
確かにサービスラインはどこの会社も同じですし、ビジネスモデルが他社とは大きく違う会社はほとんどありません。

違いを際立たせてくるポイントを見つけていく

似たり寄ったりの会社の中から一つの会社を選ぶことは難しいように思えるものの、それほど難しいことではありません。
なぜならどこの会社も同じサービスを提供している以上、他社との違いを際立たせるためにほかの会社とは違う部分を強調してくるからです。
違いが際立っている部分をポイントに、どの会社が良いのか選択していけば案外簡単に見つかるかも知れません。
ここからは比較する際に使えるポイントをご紹介しましょう。

どんなお水を飲みたいのか

まず皆さんがどんなお水を飲みたいのかということを考えてみてください。
天然水がいいのか、少しでも安いお水が良いのか色々あるかと思います。
ウォーターサーバーを使っていれば当然水の入ったボトルを購入しなければなりませんから、お水で選ぶということはきわめて有効です。

飲む

サーバーはどんなものが良いの?

昔からウォーターサーバーといったら白くて大きいボディがイメージとして定着してきました。
しかしこうしたウォーターサーバーのみならず、美しいデザインを重視したウォーターサーバーやカラフルなウォーターサーバーが登場しています。
キャラクター入にしてほかの会社と差別化を図っているところもありますよ。

契約時の特典はどんな感じ

多くの会社がウォーターサーバーに新規参入してしまった以上、もはやほかの会社との競争は避けられません。
「一人でも多くのお客様に自社の製品を使ってもらうためにはどうしたらよいのだろうか」と考えたウォーターサーバー販売会社は、新規契約時に特典をつけることととしました。
特典の内容は多岐にわたり、お米をもらえるところや生活に便利なアイテムをもらうことが出来る会社もあります。
期間限定のキャンペーン形式にしていたり、定期的に商品を買えたりするなど工夫が凝らされています。
契約時にどのような得点をもらうことが出来るのか、そしてそれは自分の生活に役立つのかということからも販売会社を取捨選択する判断基準になるといえるでしょう。

安全性や利便性は高いのか

そしてお水を飲む以上は安全性が確保されていることを第一に考えたいですね。
飲み水であるにもかかわらず、一体どのような加工がなされているのかわからない、そもそもどこでとれたお水なのかわからないようなものを飲まされてしまっては溜まったものではありません。
安全性に限らず、利便性が高いということも重視したいところです。
水素水を飲もうとするたびにやっかいな操作をしなければ飲むことが出来ないとか、ボトル交換の度に重たいボトルを持ち上げなければならないとなれば利便性が高いとはいえません。
多くの人が愛用できるウォーターサーバーを販売するウォーターサーバー販売会社は、自社の製品の安全性や利便性の高さはとことん訴えかけてきます。
毎日使う物だからこそ、いい加減なものを売るのではなくちゃんと安全性が保証されいろいろな人が使っても大丈夫なウォーターサーバーを販売しているのです。

自宅で使うウォーターサーバーは比較して選ぶ

今回は自宅で使うウォーターサーバーを選ぶ際にどのような点を比較すれば良いのか、吟味すべき対象について様々な角度からご紹介したいと思います。
自宅のウォーターサーバーを導入しようとお考えの方や、今使っている会社からほかの会社への乗り換えを検討されている方は是非参考にしていただけたらと思います。